会社基本情報・沿革

基本情報

会社名 ロジテックINAソリューションズ株式会社
設立 平成22年 10月
資本金 1億円(+準備金1億円)
代表者 代表取締役社長 葉田 順治
事業内容
  • 1.コンピュータ、コンピュータ周辺機器、通信機器の研究開発、企画、設計、製造及び販売
  • 2.データ復旧サービス事業
  • 3.コンピュータの保守、修理等のサービス事業
所在地

【本社:長野】
〒396-0111
長野県伊那市美篶8268番地1000
中央自動車道 伊那インターより車で約20分


  • 長野本社
    長野本社
  • 東京営業所
    東京営業所


■拠点/営業所
〒102-0083
東京都千代田区麹町五丁目1番地 NK真和ビル7階

沿革

1982 会社設立[昭和57年6月11日]
関東電子グループの商品開発研究所としてロジテック誕生、光カード、ゲームソフト、
FDDやHDD等のPC周辺機器を開発
伊那工場完成[12月]
1985 資材センター完成[3月]
1989 画期的なF-1チップ搭載高速SCSI-I/Fを開発し、ストレージデバイスへの
高速転送が可能になりシェアを拡大。HDD製品急成長
1990 丸紅グループの一員となる[4月]
1992 伊那工場・資材センター増築[12月]
1993 外付け3.5インチMOドライブ製品出荷開始[4月]
CD-ROMドライブ製品出荷開始[11月]
【業界動向】
マイクロソフトWindows3.1出荷開始[5月]
この頃から店頭でのビジネスが本格化し周辺機器のロジテックとして広く認知される
1995 【業界動向】
マイクロソフトWindows95出荷開始
CD-R/RW、MO市場拡大
1998 【業界動向】
マイクロソフトWindows98出荷開始
アップルコンピュータiMac発売
1999 ロジテックがSCSI-USB変換によりiMacのUSBI/Fに接続できる
MOドライブをいち早く製品化
PCプロダクト事業強化のため伊那第二工場建設[9月]
2001 ISO14001の認証を取得[9月]
2004 エレコム株式会社による当社株式取得によりエレコムグループの一員に。
PC周辺からデジタル機器全体へ事業を拡大[12月]
2005 AV関連製品ブランド「Dialive」を発表
2006 USBワンセグTVレシーバーを業界初で発表・発売
2007 データ復旧技術センターを設置。過去よりの経験を生かし、
消失データの救出をビジネスとして開始[6月]治
2008 東京本社が千代田区一ツ橋に移転[8月]
データ復旧技術センターがISMSの認証を取得[9月]
Walkman公式周辺機器「Designed for Walkman」業界初対応商品を発表
2010 ロジテック INA ソリューションズ設立
2011 事業活動開始